医療事務の資格を取る際の通信講座と通学講座の違いとは

医療事務 通信 通学 違い
 
医療事務の資格を取るために医療事務講座を受けようと考えている人は多いのではないでしょうか。
医療事務講座を選ぶ上で通信講座と通学講座どちらを選んだらいいのか迷っておられる方もいるかもしれません。
この記事では通信講座を通学講座の違いについて説明していきたいと思います。

サポートは通学講座の方が手厚い

講座を受講する意味を考えた時に、独学で勉強する場合との最大の違いはサポート体制ですよね。
問題で分からない所を講師に質問することができる点は講座を受ける点で大きなメリットです。

講師のサポートはやはり授業形式で指導を受けることのできる通学講座の方が充実しています。
すぐそばに講師がいる所で勉強をすることができるわけですからね。

しかし、最近の通信講座も負けてはいません。
メールやオンラインのフォーラムで講師に質問したりすることができる通信講座もあります。
ですから通信講座の通学講座とのサポートの差は次第に狭まってきていると言えるでしょう。

自己管理が苦手なら通学講座

通信講座は一人で黙々と勉強する自習スタイルになりますから、自分で予定を立てて勉強時間を確保したりするなどの自己管理がある程度必要になってきます。
誰かがそばにいるわけではありませんから、モチベーションが続かずに途中で挫折してしまい、投げ出してしまう人も一定数います。
一方、通学講座は学校へ行けば先生や仲間もいるわけですから、やる気が無い日でもしっかり勉強することになりますよね。
自己管理が苦手という人にはモチベーションを保ちやすい通学講座がおすすめです。

費用は通信講座が安い

通学講座の場合、通信講座に比べて1人の講師が見ることのできる生徒の数が限られていますし、授業をするための教室の確保や電気代なども必要です。
しかし、通信講座は一度教材を作成してしまえば、場所を用意する必要はなく、講師も必要な時だけオンラインでサポートするだけですから人件費がそれほど掛かりません。
ですから、通学講座に比べると費用はコースの内容にもよりますが、半分から1/3程度と安い料金で講座を受講することができます。

講座の費用を節約したいと思うと、独学が頭に浮かぶ人もいるかもしれません。
独学では不可能というわけではありませんが、独学で資格取得を目指す人は少なめです。
また、資格取得の難易度も高いですから、講座を受講するのが資格取得の近道と言えるでしょう。

通信講座は時間短縮になる

通信講座は通学講座と違い家から出かける必要がありません。
ですから、通学のための時間が確保できない忙しい人には通信講座のメリットはとても大きいですね。
最近では医療事務の資格の在宅試験が行える通信講座もありますから、子育て中で外出ができない方には通信講座がピッタリです。
学校へ通う必要がありませんから電車代などの交通費の節約にもなりますし、浮いた移動時間を勉強の時間に回せば資格取得にぐんと近づけること間違いなしです。

まとめ

通信講座と通学講座の違いについて考えてきました。

まとめると、
分からない所を徹底的に指導してもらいたい人、自己管理が苦手な人には通学講座。
自習が得意で、費用や時間を節約したい人には通信講座がおすすめです。

通信講座にもいろいろな会社が教材を販売しており、それぞれ費用や勉強目標となる期間が異なります。
どれがいいのか調べる時間を短縮するには医療事務講座の一括資料請求を利用するのが大変便利です。
もちろん無料ですから気軽に利用してみてください。

▶︎▶︎【無料】各社の医療事務の資料一括請求サービス

医療事務の専門学校に行くよりも通信講座で取得した方がいい理由【費用は10分の1以下!?】

f:id:Tennessee-whiskey:20181106130337j:plain

医療事務の仕事に将来就きたいと思っていて、医療事務の専門学校に入学しようと考えている人もいるかもしれません。
しかし、その方法は必ずしもおすすめとは言えません。

この記事ではその理由について解説していきたいと思います。


医療事務の資格は国家資格ではない

医療事務の資格は国家資格であると考えている方が多いです。

しかし、実は医療事務の資格と言っても、様々な団体が行っている民間の資格試験です。
医療事務の資格は1つではなく、行なっている団体によっていろいろな資格試験があります。
そのどれもが国家資格ではありません。

医療事務の資格の中で特に人気で最高峰資格と言われているのが、厚生労働省が認定した公益財団法人 日本医療保険事務協会が主催する診療報酬請求事務能力検定です。

しかし、この資格も専門学校に行かなければ取得できないほど難易度が高いわけではなく、独学や通信講座で勉強することができます。

通信講座の費用は比較にならないほど安い

医療事務の専門学校の費用は1年間で100万円近く必要になります。
学校に通うとなれば、電車の定期代などの交通費もそれなりの値段が必要になることでしょう。

もちろん、病院での実習など専門学校に通うからこそ得られる体験もあります。
しかし、専門学校に行かなければ病院やクリニックで働けないということは決してありません。

高額な学費が必要な専門学校に比べて、医療事務の最高峰資格とも言われる診療報酬請求事務能力検定の対策の通信講座は5万円~7万円程度で受講することができます。

通信講座といっても、最近は講師にメールで質問したり、オンラインで交流できるフォーラムがあったりしますから、分からないところにも的確な対策をしたり、勉強を一緒に行う仲間とモチベーションを高めあうことも可能です。

資料の一括請求が便利

専門学校に行かなくても医療事務の資格を取得して実際に働くことが可能であることを分かっていただけたかと思います。

医療事務の通信講座もユーキャン、ニチイ、ヒューマンアカデミー等の各社が様々な講座を実施しており、その費用や特徴も様々です。

DVD付きの講座やオンラインでのサポートが充実している講座等、それぞれ会社の講座のアピールポイントも異なります。

どの講座がいいのかをネットの情報だけで各社を比較するのは想像以上に大変です。
今はネットの情報も古いものや信頼性に欠ける情報も多いですから調べれば調べるほど逆に混乱してしまうこともあります。

そんなときに便利なのが医療事務の通信講座の資料一括請求サービスを利用することです。

1つ1つの会社に資料を請求するための情報を入力する必要が無いので時間を短縮できますし、自宅でパンフレットを見比べながら自分に合った最適な通信講座を選ぶことができます。

もちろん資料一括請求サービスは無料ですから、気軽に利用することができます。

▶︎▶︎【無料】各社の医療事務の資料一括請求サービス

いじめ?いびり?医療事務の新人として働き始めたけれど先輩からの指導が厳しすぎるときの対策

医療事務 新人 いじめ

医療事務の現場で起こるいじめで多いのが、ベテランの先輩たちが多い職場に、新人が一人入社するような状況の時です。

新人として医療事務の仕事に就いたけれど、先輩からのいじめとも取れるような厳しい指導に悩まされているという人も多いかもしれません。

先輩の教え方が親切、丁寧ではなかったり、新人ゆえに失敗してしまった事を大きく持ち出されたりする時には特にがっかりして、この職場でこれからずっとやっていけるだろうかと不安になることでしょう。

また、すでに職場で長年の人間関係が出来上がっている中に溶け込むのは本当に難しいですよね。

しかし実際には、先輩からの新人いじめ?いびり?と感じることの多くは、騒がしく忙しい病院で部下を教えながら、いつもと同じ質の仕事をこなすという状況へのストレスが原因となって、部下にきつく当たってしまっているだけ事が多いものです。


先輩に認められる新人になる方法

新人

新人はどんな態度を示せば、先輩のストレスを和らげ、さらには、先輩との良い関係を築くのに役立つのでしょうか?
私が医療事務として実際に2つの病院で勤務して感じた点を紹介できればと思います。

まず、自分は何も知らない新人だという自覚を持って上司を敬う気持ちを持つ事は大切です。

先輩にとって普段の業務をこなしながら、部下を教える時間を取ることは基本的に身体的、精神的にも疲れることです。
その中で教えてくださっていることのへの感謝が言葉や態度で現れるなら、小さな問題が大きくなることを防げるかもしれません。
何よりも、先輩に対する尊敬の気持ちを持っていることが、言葉や態度、表情で伝わる時、先輩と部下の関係はより一層良くなります。

先輩が願っていることは、部下が早く仕事を覚え、病院のため、さらには自分たちの業務を助けてくれることです。
ですから、部下の側である人は早く仕事を覚えるよう努力しなければなりません。
その努力が伝わり、実際に仕事に現れてくることを上司は期待します。

例えば、教えてもらったことをきちんとその場でメモすること、そのメモを整理して復習すること、次に同じ仕事が来たら、そのメモを見て自分の力で仕事をして少しでも役に立つようにすることが大切です。

以上の作業を毎日繰り返しをするかしないかで成長に差が出ます。

もし分からなかったところがあったなら、そのままにしておいてはいけません。
その場では疑問を尋ねられなかったとしても、仕事の忙しくない時間や、業務の終了後に個人的に先輩に近づいて質問する事が大切ですね。
そうすれば、時に失敗しても一生懸命努力している事が先輩にも伝わるでしょう。

努力しても無駄な場合も

f:id:Tennessee-whiskey:20180309213222j:plain

もしかしたら、あなたは上記のような努力を既に行ってきたかもしれません。

どんな会社にも意地の悪い上司や先輩がいるというのも事実かもしれませんが、パワハラと呼ばれるような度が過ぎた事が平然と行われている病院もあります。

先輩との人間関係は良くなくても、一緒に愚痴を言ったり、支え合うことの同期がいるならまだ耐えられます。
でも、周りに自分の味方が一人もいない孤立無援の状態だと心身ともにダメージが大きいですよね。

自分を変えることは可能ですが、残念ながら人を変えることはほとんどできません。

どんなに努力しても人間関係が改善しない場合にあなたに残された選択肢は、ひたすら今の状況を耐えるか別の病院に移るかのどちらかになることでしょう。

どの病院でもいじめがあるわけではない

いじめやパワハラを受けていると、「医療事務の仕事はどこでもいじめがあるんだ」と思い込んでしまう人もいるかもしれません。

ネットの情報などを調べてみると、いじめを受けている人の意見ばかりが目についてしまうかもしれませんね。
しかし、人は良好な職場環境をいちいち自分のブログ上でアピールしたり、知恵袋で質問したりはしないものです。
ですからネットには必然的にネガティブなクチコミの方が溢れているだけ。
現実はいじめが行われている病院は僅かですので、すべての病院での勤務にネガティブな気持ちを持つのは間違っています。

私は医療事務の資格を取得後、高卒で病院勤務を始めましたので、全くの新人としての採用でした。
職場はほぼ全員と言っていいほど女性ばかりでしたが、幸いなことに先輩達は丁寧に何度も親切に教えてくださいました。
また、先輩たちと個人的な良い関係も築くこともできました。

その後、勤務した別のクリニックも人間関係は良好でした。

病院は日本中にある

f:id:Tennessee-whiskey:20180309212134j:plain

医療事務の仕事の大きな特徴は全国に需要があるということです。

総合病院なら小さく部署が別れていて分業制になっているゆえに、人間関係が広く浅くて、自分にとっては良いという方もいます。
クリニックであれば、総合病院より数はずっと多くなりますので、求人を出しているクリニックの数も多いですね。

あなたが身を削ってまで今の病院で働きつづけるなら、自分自身の体や家族にも悪影響を及ぼして行くことでしょう。

転職は決して逃げ道ではありません。
日本にはあなたの経験を生かして働けるたくさんの病院がありますから、体調を崩す前に別のホワイトな病院へ転職するのも賢い選択と言えるでしょう。

人間関係だけでなく、雇用条件も今よりも良いクリニックや病院が見つかることもありますよ。

www.eupdates247.com

20代なら売り手市場ですから、思い切って別の職種にチャレンジしてみるのもいいですね。
何をしたらいいのか分からないという場合には転職エージェントを利用するのがGood!

利用はもちろん無料で、表には出てこない非公開求人もたくさんありますからね。
普段目にしてる求人って儲かってない企業の求人が多いんですよね。
儲かってない会社や病院に行くと、給料はいつまでたっても上がりませんし、社員の扱いも雑になり、どんどんブラック化していきます。

優良企業があつまる転職エージェントは利用しないとはっきり言って損ですよ。
サポートが期待できますし、親とか友人に相談するよりも転職のプロに相談する方が心強いです。

▶︎20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

クリニックでの医療事務はストレスの多い仕事?患者がクレーマーのことも!疲弊しているなら総合病院への転職がおすすめです。

医療事務 ストレス

クリニックでの医療事務の仕事は、子育てと両立しやすく働きやすいなどと言われることが多く女性に人気の仕事ですね。
しかし、人気の仕事としてもてはやされる一方で、かなりストレスが大きい職場環境だったりすることがあります。

この記事ではまず医療事務としてクリニックで働いていると、よく直面するストレスの原因について考えていきたいと思います。


クレーマーの患者さんから理不尽なお叱り

患者 クレーマー

午前のクリニックの仕事はかなり忙しいです。
人気のクリニックでは開業前に患者さんの列が並ぶ事もしばしば。
人員の少ないクリニックではマルチタスクが要求されますから、頭の中もフル回転ですよね。
時には患者さんの名前を呼び間違えたり、呼ぶのを忘れていたりする単純ミスも忙しいと起きてしまったりもします。

コンディションが悪い状態で長時間待たされたりした患者さんが、ちょっとした事で理不尽に文句を言ってきたり、時にはこちらのミスではないにも関わらず勘違いで怒鳴ったりしてくることもしばしば。
病院に来る人は、病気でコンディションが最悪な状態ですから、余裕などはなく自分のことで精一杯な患者さんも多いです。

医療事務の受付の仕事はサービス業のような側面もありますから、こう言った気難しいクレーマーのような患者さんにも笑顔でなだめなければいけません。
他の患者さんたちもいる待合室で上手にクレーマーに対処するのは、かなり気を使いストレスになる仕事です。

女性の多い職場に特有の人間関係

人間関係

普通の一般企業等での事務職の場合、上司は男性であったり、同僚に男性がいるのも普通ですが、クリニックの場合男性が極端に少ない職場と言えるでしょう。

人の入れ替わりがほとんど無い風通しの悪いクリニックだったりすると、女性の多い職場によくある複雑な人間関係になりがちです。
新人いびりがあったり、お局様がいたりすると、本当に職場に行くのがストレスになります。

もちろん、和気藹々とした職場環境のクリニックもあると思いますが、何かと面倒くさい人間関係になって気を使うというのはクリニックでよくあることです。

院長と反りが合わない

医療事務 ストレス

クリニックで絶対的権威を持つのは、院長です。
院長は医師であると同時に、クリニックの経営者でもあるわけですから社長のような存在とも言えます。
この社長でもある院長と反りが合わないとかなりのストレスになります。

一般的な会社で事務として働いていると、課長や部長など上司が何人か居るなど、社長との距離感はかなりある事がほとんどです。
しかし、小さなクリニックでは、社長でもある院長との距離感がやたら近すぎるんです。

医療事務に気遣いのある親切な院長であれば、気持ち良く働けるのですが、無理難題を絶えず要求するモンスター院長だともう最悪です。
クリニックでの院長という存在は、その絶対的な権力のゆえに恐怖政治行なう独裁者になってしまうことも多々あります。

自分がダメになる前に転職すべき

クレーマーの患者、意地の悪い同僚、モンスター院長、この3連コンボのクリニックで働くと本当に毎日が地獄です。

残念な話ですが、このようなクリニックで無理して働いた結果、心の病気になってしまう医療事務の方もいます。
病気を治すはずのクリニックに勤務しているのに、自分が病気になってしまうのはなんとも皮肉な話ではないでしょうか。

あなたがもしこの記事で紹介したようなクリニックでの日々に嫌気がさしているならば、一刻も早く転職する事をおすすめします。

転職といっても他のクリニックに移っても、結果的に今と同じような状況になってしまう可能性が高いです。
そこで、おすすめなのがクリニックではなく総合病院の医療事務職への転職です。

規模の大きめの総合病院の場合、医療事務の仕事も受付や経理などそれぞれの役割に分かれていますから、小さなクリニックのようにマルチタスクにならず、割と余裕をもって与えられた自分の役割に集中する事ができます。
余裕があると患者さんにも笑顔で丁寧に対応しやすくなりますよね。
総合病院では来院する患者も多く時には1日数百人になることもありますが、人数が人数ですのでクレーマーのような患者さんが来る事も想定済み。
クレーマーには専門の上司が対応してくれるなどの対策がしっかりできていることでしょう。

また、一緒に働く人員もクリニックよりも多く、上司に男性がいる事もしばしば。
女性ばかりのクリニックのような独特な人間関係になりにくいのも総合病院の医療事務職の魅力です。

さらに、総合病院では院長ははるか雲の上の存在になります。
クリニックですぐそばで絶対的な権力を振りかざしていたワンマン院長のような存在がいなくなり、総合病院では普通の一般企業のような人間関係で良好な職場環境が期待できるでしょう。

クリニックで働くストレスに消耗しているなら、総合病院への医療事務職に転職して、今までのクリニックでの勤務経験を生かしながら、医療事務としてスキルアップの機会にしてみるのはいかがでしょうか。

医療事務なんて2度とするか!

クリニックで散々な目に合わされて、

「医療事務なんてもう絶対にやりたくない!」

という方もいると思います。

20代なら売り手市場ですから、思い切って別の職種にチャレンジしてみるのもいいですね。
何をしたらいいのか分からないという場合には転職エージェントを利用するのがGood!

利用はもちろん無料で、表には出てこない非公開求人もたくさんありますからね。
普段目にしてる求人って儲かってない企業の求人が多いんですよね。
儲かってない会社や病院に行くと、給料はいつまでたっても上がりませんし、社員の扱いも雑になり、どんどんブラック化していきます。

優良企業があつまる転職エージェントは利用しないとはっきり言って損ですよ。
サポートが期待できますし、親とか友人に相談するよりも転職のプロに相談する方が心強いです。

マイナビジョブ20'sは20代に特化した転職エージェントです。
大手で実績がありますし、利用者も多いですよ。

▶︎20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

医療事務は国家資格じゃない!難易度はどれくらい?

知っていましたか。
実は医療事務は国家資格ではないのです。

医療事務は国家資格ではない

きっとあなたは、「医療事務 国家資格」なんてワードで検索してこの記事にたどり着いたのかなぁと思います。

結構医療事務を国家資格だと思っている方は多いのですが、実は医療事務関連の資格は民間の団体がそれぞれ行なっているものなのです。

国家資格じゃないなら取っても意味が無い?

国家資格じゃ無いならまぁ取らなくてもいいや!

と思う方もいるかもしれません。

確かに、医療事務の仕事は資格がなくても行うことができます。

www.eupdates247.com

しかし、医療事務の仕事は保険に関する知識やレセプト計算など専門的な知識も必要です。

医療事務の資格を取っておくなら、医療事務に必要な知識を身につけることができるだけではなく、面接の際にも知識があることをアピールすることができますよ。

どの資格を取るのがいいのか

医療事務関連の資格は各団体が行なっており、どれを取ったらよいのか分からないという人も多いかもしれません。

そのような方には診療報酬請求事務能力検定がおすすめです。

試験概要|公益財団法人日本医療保険事務協会

この資格は平成6年に厚生労働省が認定した公益財団法人 日本医療保険事務協会が主催する資格試験で、国家資格ではないものの、医療事務関連の資格の中で高い権威を持っています。

検定は年2回(7月、12月)行われており、診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図ることを目的として開催されている全国統一試験です。

医療事務の仕事の中でも、カルテからレセプトの作成を行う診療報酬請求事務の仕事は重要な仕事ですので、その実力を確かめるための認定試験として人気があり受験者も多いですね。

難易度は?

難易度が気になる方も多いかもしれませんね。
診療報酬請求事務能力検定の合格率は30%程と言われています。

独学で合格を目指す人もいるにはいますが、通信講座を利用する人が多いです。

www.eupdates247.com