医療事務の資格の取り方は?独学・通学・通信どれがおすすめ?

医療事務の資格を取得したいという方は非常に多いですね。
ユーキャンやヒューマンアカデミー等の資格系の講座ランキングなどでも医療事務の資格は常にランキング上位です。

これから医療事務の資格を取得したいという方も多いのではないでしょうか?

医療事務の資格は実は国家資格ではなく民間資格です。
ですからいろいろな団体が医療事務関連の資格試験を行なっています。

医療事務としてクリニックや総合病院で働くのに必ずしも資格は必要ありませんが、実際に働くとなるとかなりの知識が求められる業務です。

就職時に面接を受ける際に、資格を持っている人の方が有利と言えるでしょう。

医療事務の資格の取得方法には、

・独学
・通信講座
・通学講座

の主に3つの方法があります。

独学で資格取得を目指す

市販のテキストなどを購入して医療事務の資格取得を目指す方法です。
自分で自己管理ができて、なんとしても合格するという意思が固い人におすすめです。
費用が最も安く取得できる方法と言えるでしょう。

勉強の費用の目安
・本代のみ

メリット
・費用が安い
・自分のペースでできる

デメリット
・分からない所があっても何のサポートも受けられない
・途中で挫折する可能性が高い

通学して資格を取る

学校に短期間通って医療事務の資格取得を目指す方法です。

専門学校に2年間通い様々な医療事務関連の資格の取得を目指す方法もありますが、こちらの場合費用は高額です。
しかし、病院実習があったりするなど、より将来に向けた実際的な勉強が可能です。

全国に学校のある、大原学園などの専門学校が有名です。

専門学校にいく方法は基本的には高校を卒業した人など若い人が多いですね。

専門学校以外の短期間で資格取得を目指す通学講座もあります。
講師に直接分からない所を聞くことができるなど、手厚いサポートが通学講座の魅力です。

勉強の費用の目安
・通学講座の場合6万円〜10万円位、専門学校だと200万円程度

メリット
・講師の指導を直接受けられる

デメリット
・費用が高め
・通学に時間が掛かる

通信講座で資格取得

通信講座で医療事務の資格取得を目指す方法は独学とよく似ています。

しかし、分からない所を講師に質問したりできるなどのサポートが充実しています。
講座によってはDVD付きだったりするなど、初心者でも分かりやすいようにテキストが工夫されています。
模擬試験も受けることができ実際的な資格取得に対する対策が可能です。

スケジュールに沿って勉強していけばよいので、独学に比べて合格率は格段にアップすると言えます。
また、費用をある程度支払っているため、絶対合格しようという決意が強まるのも特徴です。

勉強の費用の目安
・3万円〜5万円

メリット
・費用が通学講座よりも安い
・通学の時間がいらない
・ある程度自分のペースでできる
・サポートを受けることもできる

デメリット
・通学講座に比べるとある程度の意思の強さは必要

まとめ

以上医療事務の資格取得の3つの方法をご紹介しました。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。

個人的には、費用が比較的安く、通学の時間がいらなくて、講師のサポートも受けられる通信講座がおすすめです。

通信講座もいろんな会社が出しているので、どの講座を選んだらよいのか分からないという人も多いかもしれません。
そんな時には資料の一括請求を利用するのがすごく便利です。

いちいち、いろんなサイトを見て回るよりも自分に合った講座が簡単に比較できるので便利ですよ。

資料請求は無料ですし、資料をもらったからといって講座を絶対受講しなければいけないわけではありませんから、独学で勉強しようと思っている人も一度資料を請求してみることをおすすめします。

▶︎▶︎【無料】各社の医療事務の資料一括請求サービス