クリニックでの医療事務はストレスの多い仕事?患者がクレーマーのことも!疲弊しているなら総合病院への転職がおすすめです。

医療事務 ストレス

クリニックでの医療事務の仕事は、子育てと両立しやすく働きやすいなどと言われることが多く女性に人気の仕事ですね。
しかし、人気の仕事としてもてはやされる一方で、かなりストレスが大きい職場環境だったりすることがあります。

この記事ではまず医療事務としてクリニックで働いていると、よく直面するストレスの原因について考えていきたいと思います。


クレーマーの患者さんから理不尽なお叱り

患者 クレーマー

午前のクリニックの仕事はかなり忙しいです。
人気のクリニックでは開業前に患者さんの列が並ぶ事もしばしば。
人員の少ないクリニックではマルチタスクが要求されますから、頭の中もフル回転ですよね。
時には患者さんの名前を呼び間違えたり、呼ぶのを忘れていたりする単純ミスも忙しいと起きてしまったりもします。

コンディションが悪い状態で長時間待たされたりした患者さんが、ちょっとした事で理不尽に文句を言ってきたり、時にはこちらのミスではないにも関わらず勘違いで怒鳴ったりしてくることもしばしば。
病院に来る人は、病気でコンディションが最悪な状態ですから、余裕などはなく自分のことで精一杯な患者さんも多いです。

医療事務の受付の仕事はサービス業のような側面もありますから、こう言った気難しいクレーマーのような患者さんにも笑顔でなだめなければいけません。
他の患者さんたちもいる待合室で上手にクレーマーに対処するのは、かなり気を使いストレスになる仕事です。

女性の多い職場に特有の人間関係

人間関係

普通の一般企業等での事務職の場合、上司は男性であったり、同僚に男性がいるのも普通ですが、クリニックの場合男性が極端に少ない職場と言えるでしょう。

人の入れ替わりがほとんど無い風通しの悪いクリニックだったりすると、女性の多い職場によくある複雑な人間関係になりがちです。
新人いびりがあったり、お局様がいたりすると、本当に職場に行くのがストレスになります。

もちろん、和気藹々とした職場環境のクリニックもあると思いますが、何かと面倒くさい人間関係になって気を使うというのはクリニックでよくあることです。

院長と反りが合わない

医療事務 ストレス

クリニックで絶対的権威を持つのは、院長です。
院長は医師であると同時に、クリニックの経営者でもあるわけですから社長のような存在とも言えます。
この社長でもある院長と反りが合わないとかなりのストレスになります。

一般的な会社で事務として働いていると、課長や部長など上司が何人か居るなど、社長との距離感はかなりある事がほとんどです。
しかし、小さなクリニックでは、社長でもある院長との距離感がやたら近すぎるんです。

医療事務に気遣いのある親切な院長であれば、気持ち良く働けるのですが、無理難題を絶えず要求するモンスター院長だともう最悪です。
クリニックでの院長という存在は、その絶対的な権力のゆえに恐怖政治行なう独裁者になってしまうことも多々あります。

自分がダメになる前に転職すべき

クレーマーの患者、意地の悪い同僚、モンスター院長、この3連コンボのクリニックで働くと本当に毎日が地獄です。

残念な話ですが、このようなクリニックで無理して働いた結果、心の病気になってしまう医療事務の方もいます。
病気を治すはずのクリニックに勤務しているのに、自分が病気になってしまうのはなんとも皮肉な話ではないでしょうか。

あなたがもしこの記事で紹介したようなクリニックでの日々に嫌気がさしているならば、一刻も早く転職する事をおすすめします。

転職といっても他のクリニックに移っても、結果的に今と同じような状況になってしまう可能性が高いです。
そこで、おすすめなのがクリニックではなく総合病院の医療事務職への転職です。

規模の大きめの総合病院の場合、医療事務の仕事も受付や経理などそれぞれの役割に分かれていますから、小さなクリニックのようにマルチタスクにならず、割と余裕をもって与えられた自分の役割に集中する事ができます。
余裕があると患者さんにも笑顔で丁寧に対応しやすくなりますよね。
総合病院では来院する患者も多く時には1日数百人になることもありますが、人数が人数ですのでクレーマーのような患者さんが来る事も想定済み。
クレーマーには専門の上司が対応してくれるなどの対策がしっかりできていることでしょう。

また、一緒に働く人員もクリニックよりも多く、上司に男性がいる事もしばしば。
女性ばかりのクリニックのような独特な人間関係になりにくいのも総合病院の医療事務職の魅力です。

さらに、総合病院では院長ははるか雲の上の存在になります。
クリニックですぐそばで絶対的な権力を振りかざしていたワンマン院長のような存在がいなくなり、総合病院では普通の一般企業のような人間関係で良好な職場環境が期待できるでしょう。

クリニックで働くストレスに消耗しているなら、総合病院への医療事務職に転職して、今までのクリニックでの勤務経験を生かしながら、医療事務としてスキルアップの機会にしてみるのはいかがでしょうか。

医療事務なんて2度とするか!

クリニックで散々な目に合わされて、

「医療事務なんてもう絶対にやりたくない!」

という方もいると思います。

20代なら売り手市場ですから、思い切って別の職種にチャレンジしてみるのもいいですね。
何をしたらいいのか分からないという場合には転職エージェントを利用するのがGood!

利用はもちろん無料で、表には出てこない非公開求人もたくさんありますからね。
普段目にしてる求人って儲かってない企業の求人が多いんですよね。
儲かってない会社や病院に行くと、給料はいつまでたっても上がりませんし、社員の扱いも雑になり、どんどんブラック化していきます。

優良企業があつまる転職エージェントは利用しないとはっきり言って損ですよ。
サポートが期待できますし、親とか友人に相談するよりも転職のプロに相談する方が心強いです。

マイナビジョブ20'sは20代に特化した転職エージェントです。
大手で実績がありますし、利用者も多いですよ。

▶︎20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!