いじめ?いびり?医療事務の新人として働き始めたけれど先輩からの指導が厳しすぎるときの対策

医療事務 新人 いじめ

医療事務の現場で起こるいじめで多いのが、ベテランの先輩たちが多い職場に、新人が一人入社するような状況の時です。

新人として医療事務の仕事に就いたけれど、先輩からのいじめとも取れるような厳しい指導に悩まされているという人も多いかもしれません。

先輩の教え方が親切、丁寧ではなかったり、新人ゆえに失敗してしまった事を大きく持ち出されたりする時には特にがっかりして、この職場でこれからずっとやっていけるだろうかと不安になることでしょう。

また、すでに職場で長年の人間関係が出来上がっている中に溶け込むのは本当に難しいですよね。

しかし実際には、先輩からの新人いじめ?いびり?と感じることの多くは、騒がしく忙しい病院で部下を教えながら、いつもと同じ質の仕事をこなすという状況へのストレスが原因となって、部下にきつく当たってしまっているだけ事が多いものです。


先輩に認められる新人になる方法

新人

新人はどんな態度を示せば、先輩のストレスを和らげ、さらには、先輩との良い関係を築くのに役立つのでしょうか?
私が医療事務として実際に2つの病院で勤務して感じた点を紹介できればと思います。

まず、自分は何も知らない新人だという自覚を持って上司を敬う気持ちを持つ事は大切です。

先輩にとって普段の業務をこなしながら、部下を教える時間を取ることは基本的に身体的、精神的にも疲れることです。
その中で教えてくださっていることのへの感謝が言葉や態度で現れるなら、小さな問題が大きくなることを防げるかもしれません。
何よりも、先輩に対する尊敬の気持ちを持っていることが、言葉や態度、表情で伝わる時、先輩と部下の関係はより一層良くなります。

先輩が願っていることは、部下が早く仕事を覚え、病院のため、さらには自分たちの業務を助けてくれることです。
ですから、部下の側である人は早く仕事を覚えるよう努力しなければなりません。
その努力が伝わり、実際に仕事に現れてくることを上司は期待します。

例えば、教えてもらったことをきちんとその場でメモすること、そのメモを整理して復習すること、次に同じ仕事が来たら、そのメモを見て自分の力で仕事をして少しでも役に立つようにすることが大切です。

以上の作業を毎日繰り返しをするかしないかで成長に差が出ます。

もし分からなかったところがあったなら、そのままにしておいてはいけません。
その場では疑問を尋ねられなかったとしても、仕事の忙しくない時間や、業務の終了後に個人的に先輩に近づいて質問する事が大切ですね。
そうすれば、時に失敗しても一生懸命努力している事が先輩にも伝わるでしょう。

努力しても無駄な場合も

f:id:Tennessee-whiskey:20180309213222j:plain

もしかしたら、あなたは上記のような努力を既に行ってきたかもしれません。

どんな会社にも意地の悪い上司や先輩がいるというのも事実かもしれませんが、パワハラと呼ばれるような度が過ぎた事が平然と行われている病院もあります。

先輩との人間関係は良くなくても、一緒に愚痴を言ったり、支え合うことの同期がいるならまだ耐えられます。
でも、周りに自分の味方が一人もいない孤立無援の状態だと心身ともにダメージが大きいですよね。

自分を変えることは可能ですが、残念ながら人を変えることはほとんどできません。

どんなに努力しても人間関係が改善しない場合にあなたに残された選択肢は、ひたすら今の状況を耐えるか別の病院に移るかのどちらかになることでしょう。

どの病院でもいじめがあるわけではない

いじめやパワハラを受けていると、「医療事務の仕事はどこでもいじめがあるんだ」と思い込んでしまう人もいるかもしれません。

ネットの情報などを調べてみると、いじめを受けている人の意見ばかりが目についてしまうかもしれませんね。
しかし、人は良好な職場環境をいちいち自分のブログ上でアピールしたり、知恵袋で質問したりはしないものです。
ですからネットには必然的にネガティブなクチコミの方が溢れているだけ。
現実はいじめが行われている病院は僅かですので、すべての病院での勤務にネガティブな気持ちを持つのは間違っています。

私は医療事務の資格を取得後、高卒で病院勤務を始めましたので、全くの新人としての採用でした。
職場はほぼ全員と言っていいほど女性ばかりでしたが、幸いなことに先輩達は丁寧に何度も親切に教えてくださいました。
また、先輩たちと個人的な良い関係も築くこともできました。

その後、勤務した別のクリニックも人間関係は良好でした。

病院は日本中にある

f:id:Tennessee-whiskey:20180309212134j:plain

医療事務の仕事の大きな特徴は全国に需要があるということです。

総合病院なら小さく部署が別れていて分業制になっているゆえに、人間関係が広く浅くて、自分にとっては良いという方もいます。
クリニックであれば、総合病院より数はずっと多くなりますので、求人を出しているクリニックの数も多いですね。

あなたが身を削ってまで今の病院で働きつづけるなら、自分自身の体や家族にも悪影響を及ぼして行くことでしょう。

転職は決して逃げ道ではありません。
日本にはあなたの経験を生かして働けるたくさんの病院がありますから、体調を崩す前に別のホワイトな病院へ転職するのも賢い選択と言えるでしょう。

人間関係だけでなく、雇用条件も今よりも良いクリニックや病院が見つかることもありますよ。

www.eupdates247.com

20代なら売り手市場ですから、思い切って別の職種にチャレンジしてみるのもいいですね。
何をしたらいいのか分からないという場合には転職エージェントを利用するのがGood!

利用はもちろん無料で、表には出てこない非公開求人もたくさんありますからね。
普段目にしてる求人って儲かってない企業の求人が多いんですよね。
儲かってない会社や病院に行くと、給料はいつまでたっても上がりませんし、社員の扱いも雑になり、どんどんブラック化していきます。

優良企業があつまる転職エージェントは利用しないとはっきり言って損ですよ。
サポートが期待できますし、親とか友人に相談するよりも転職のプロに相談する方が心強いです。

▶︎20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!