医療事務の専門学校に行くよりも通信講座で取得した方がいい理由【費用は10分の1以下!?】

医療事務の仕事に将来就きたいと思っていて、医療事務の専門学校に入学しようと考えている人もいるかもしれません。
しかし、その方法は必ずしもおすすめとは言えません。

医療事務の資格は国家資格ではない

医療事務の資格は国家資格であると考えている方が多いです。

しかし、実は医療事務の資格と言っても、様々な団体が行っている民間の資格試験です。
医療事務の資格は1つではなく、行なっている団体によっていろいろな資格試験があります。
そのどれもが国家資格ではありません。

医療事務の資格の中で特に人気で最高峰資格と言われているのが、厚生労働省が認定した公益財団法人 日本医療保険事務協会が主催する診療報酬請求事務能力検定です。

しかし、この資格も専門学校に行かなければ取得できないほど難易度が高いわけではなく、独学や通信講座で勉強することができます。

通信講座の費用は比較にならないほど安い

医療事務の専門学校の費用は1年間で100万円近く必要になります。
学校に通うとなれば、電車の定期代などの交通費もそれなりの値段が必要になることでしょう。

もちろん、病院での実習など専門学校に通うからこそ得られる体験もあります。
しかし、専門学校に行かなければ病院やクリニックで働けないということは決してありません。

高額な学費が必要な専門学校に比べて、医療事務の最高峰資格とも言われる診療報酬請求事務能力検定の対策の通信講座は5万円~7万円程度で受講することができます。

通信講座といっても、最近は講師にメールで質問したり、オンラインで交流できるフォーラムがあったりしますから、分からないところにも的確な対策をしたり、勉強を一緒に行う仲間とモチベーションを高めあうことも可能です。

資料の一括請求が便利

専門学校に行かなくても医療事務の資格を取得して実際に働くことが可能であることを分かっていただけたかと思います。

医療事務の通信講座もユーキャン、ニチイ、ヒューマンアカデミー等の各社が様々な講座を実施しており、その費用や特徴も様々です。

DVD付きの講座やオンラインでのサポートが充実している講座等、それぞれ会社の講座のアピールポイントも異なります。

どの講座がいいのかをネットの情報だけで各社を比較するのは想像以上に大変です。
今はネットの情報も古いものや信頼性に欠ける情報も多いですから調べれば調べるほど逆に混乱してしまうこともあります。

そんなときに便利なのが医療事務の通信講座の資料一括請求サービスを利用することです。

1つ1つの会社に資料を請求するための情報を入力する必要が無いので時間を短縮できますし、自宅でパンフレットを見比べながら自分に合った最適な通信講座を選ぶことができます。

もちろん資料一括請求サービスは無料ですから、気軽に利用することができます。

▶︎▶︎【無料】各社の医療事務の資料一括請求サービス