医療事務の資格を取る際の通信講座と通学講座の違いとは

医療事務 通信 通学 違い
 
医療事務の資格を取るために医療事務講座を受けようと考えている人は多いのではないでしょうか。
医療事務講座を選ぶ上で通信講座と通学講座どちらを選んだらいいのか迷っておられる方もいるかもしれません。
この記事では通信講座を通学講座の違いについて説明していきたいと思います。

サポートは通学講座の方が手厚い

講座を受講する意味を考えた時に、独学で勉強する場合との最大の違いはサポート体制ですよね。
問題で分からない所を講師に質問することができる点は講座を受ける点で大きなメリットです。

講師のサポートはやはり授業形式で指導を受けることのできる通学講座の方が充実しています。
すぐそばに講師がいる所で勉強をすることができるわけですからね。

しかし、最近の通信講座も負けてはいません。
メールやオンラインのフォーラムで講師に質問したりすることができる通信講座もあります。
ですから通信講座の通学講座とのサポートの差は次第に狭まってきていると言えるでしょう。

自己管理が苦手なら通学講座

通信講座は一人で黙々と勉強する自習スタイルになりますから、自分で予定を立てて勉強時間を確保したりするなどの自己管理がある程度必要になってきます。
誰かがそばにいるわけではありませんから、モチベーションが続かずに途中で挫折してしまい、投げ出してしまう人も一定数います。
一方、通学講座は学校へ行けば先生や仲間もいるわけですから、やる気が無い日でもしっかり勉強することになりますよね。
自己管理が苦手という人にはモチベーションを保ちやすい通学講座がおすすめです。

費用は通信講座が安い

通学講座の場合、通信講座に比べて1人の講師が見ることのできる生徒の数が限られていますし、授業をするための教室の確保や電気代なども必要です。
しかし、通信講座は一度教材を作成してしまえば、場所を用意する必要はなく、講師も必要な時だけオンラインでサポートするだけですから人件費がそれほど掛かりません。
ですから、通学講座に比べると費用はコースの内容にもよりますが、半分から1/3程度と安い料金で講座を受講することができます。

講座の費用を節約したいと思うと、独学が頭に浮かぶ人もいるかもしれません。
独学では不可能というわけではありませんが、独学で資格取得を目指す人は少なめです。
また、資格取得の難易度も高いですから、講座を受講するのが資格取得の近道と言えるでしょう。

通信講座は時間短縮になる

通信講座は通学講座と違い家から出かける必要がありません。
ですから、通学のための時間が確保できない忙しい人には通信講座のメリットはとても大きいですね。
最近では医療事務の資格の在宅試験が行える通信講座もありますから、子育て中で外出ができない方には通信講座がピッタリです。
学校へ通う必要がありませんから電車代などの交通費の節約にもなりますし、浮いた移動時間を勉強の時間に回せば資格取得にぐんと近づけること間違いなしです。

まとめ

通信講座と通学講座の違いについて考えてきました。

まとめると、
分からない所を徹底的に指導してもらいたい人、自己管理が苦手な人には通学講座。
自習が得意で、費用や時間を節約したい人には通信講座がおすすめです。

通信講座にもいろいろな会社が教材を販売しており、それぞれ費用や勉強目標となる期間が異なります。
どれがいいのか調べる時間を短縮するには医療事務講座の一括資料請求を利用するのが大変便利です。
もちろん無料ですから気軽に利用してみてください。

▶︎▶︎【無料】各社の医療事務の資料一括請求サービス