【実際に働いて感じた医療事務の本音】人間関係は良好?それとも最悪?

f:id:Tennessee-whiskey:20181106125126j:plain

・働き方が主婦に合っている
・全国に需要がある
・結婚や出産の後も仕事に復帰しやすい

というような理由で女性に人気の医療事務。お気付きの通り、職場のほとんどが女性であるのが医療事務のお仕事です。

女性ばかりの職場は人間関係が難しそう、と思われるかもしれません。もちろん全ての医療事務の職場の雰囲気が悪いとは言えません。しかし、実際に医療事務の仕事に就いておられる方の中には人間関係の悩みを持つ方が多いようです。

その中でも特に、新しく勤務を始めた方が、上司との付き合いの面で難しく感じている場合がよくあります。
医療事務の仕事は人気である半面、合わなくて辞める人も多いというのも事実のようです。

例えば、分からないことを聞いても親切に教えてくれない、職場の中で陰口を叩かれる、それが原因で他の同僚も意地悪になったということもあります。女性が多い現場特有の悩みとも言えるかもしれせんね。

一度そうなってしまうと再び友好な関係を築くのは難しくなります。チームワークが必要となる医療の現場において、人間関係の悪化は難しい問題と言えるでしょう。


激務で人間関係が悪化?

また他の理由として、医療事務という仕事を行う環境が少し特殊であるという点が挙げられます。一般の事務と異なり、大勢の人を相手に短時間で応対しなければならない事があります。

例えば総合病院ですと、午前中の決まった時間は特に忙しく、迅速にかつ正確に大勢の患者さんの情報を処理しなければなりません。そんな時、自分がミスをしたり、分からずに戸惑っていると、多くの患者さんを待たせることになります。分からないゆえにとても忙しい、上司もイライラしているので質問すると厳しく返ってくる、という具合です。

そうなると、現場の雰囲気もピリピリしてしまい、上司や同僚から痛い視線で見られてしまうこともあります。

看護師との関係は微妙?

別の点ですが医療事務はクレームを直接受ける事が多い職務です。

例えば、診察までの待ち時間が長い事、医師や看護師への不満など、自分たちには関係のない事においても患者さんのクレーム対応をしなければならない事があります。

加えて、特別な資格のない事務職の立場は低く、専門職の方から見下げられる傾向もあります。

ゆえに、院長や看護師への不満が生じ、それが原因で病院全体の人間関係も悪くなる可能性があります。

人間関係の悩みは職場において精神的に辛いものです。たとえ仕事内容が大変でも、人間関係が友好なら仕事は長続きするからです。特殊な仕事であるゆえに人間関係まで難しい環境は仕事を続ける上で大きな障害となりますね。

人間関係を良好に保つコツ

自分自身の努力が必要な場合もあります。

上司に対する尊敬の気持ちを抱き、いつも謙虚であること、自分に不親切な人に対してもきちんと礼儀と挨拶を忘れないことは大切です。自分がどの仕事内容を理解していないかが分かるなら、それを覚えるためには何らかの努力が必要かもしれません。

比較的穏やかな時間帯や休憩中、仕事が終わってからなど上司の気持ちが落ち着いている時間に、個人的に質問するなら、上司もその努力を見て、親切に教えてくれるかもしれません。

それをやっても努力は報われない場合は、早めに思い切って行動することも大切です。

転職という道を考えてみましょう。今まで病院で学んだことはきっと他の病院でも生かされるはずです。冒頭にも述べたように医療事務は全国に需要があります。求人募集にも多く掲載される職業でもあります。

きっと医療事務の仕事が楽しいと思える他の現場があるはずです。

www.eupdates247.com
www.eupdates247.com
www.eupdates247.com