医療事務のレセプト業務は難しい?

医療事務 レセプト業務 難しい

レセプトという言葉は一般的にはあまり耳にしない言葉かもしれません。しかしレセプト業務は、医療事務のお仕事の中では特に大きな部分を占め、専門的な分野で、業務上欠かせないスキルです。

保険診療では、治療内容に応じて報酬の内容が点数化されています。その点数を患者ごとに合計し、金額に計算します。この計算業務は、医療事務の仕事です。そして医療機関は保険者に対し、請求書を作成します。それが“レセプト”と呼ばれるものです。正確には「診療報酬明細書」と言います。

作成したレセプトを“社会保険診療報酬支払基金”もしくは“国民保健団体連合会”の審査支払機関へ提出します。月に一度、提出する前に行われるのがレセプト確認の作業です。

つまり、医療上の明細書に間違いがないかどうかチェックする作業です。

基本的にコンピューターでできる

基本的にレセプトは、レセプトコンピュータ(レセコン)と言われる機械でなされるため、一つ一つ手作業で行うわけではありません。しかし決して不備があってはならないレセプト業務において、実際に、目で確認する作業は欠かせません。言うまでもなく、この業務は専門知識を必要とするもので、医療事務として不可欠なスキルといえます。

大きな総合病院ですと、診療科がいくつもあり、その分、患者さんの数や治療内容は多く、複雑になりますし、幅広い医療の分野を扱うことになります。実際、お仕事をしながら学ぶ分野もあることでしょう。その点においてレセプト業務は難しいと言えます。とはいえ、医療に関心のある人にとっては、毎日が勉強という点でやりがいのある仕事かもしれませんね。

レセプト業務について学んでおけば難しくない!

医療事務の中で専門的な知識を必要とするレセプト業務は、一見すると難しくて自分には無理だと思われるかもしれません。
ですから、レセプト業務について過度に不安を抱く必要はありません。

しかし、ある程度の知識をしっかり学んでおくなら、実際病院に勤務になった際には聞いたことのない診療内容だとしても、応用編としてすぐに順応できます。

今では通信講座や通学講座で医療事務について学び、資格取得のサポートをしてくれる講座会社はたくさん存在します。実際私は、通信講座で医療事務の勉強をし、資格を取得しましたが、講座内容の大きな部分を占めるのはレセプトについてでした。レセプトの見方、間違いの添削など、繰り返し練習することができたので、実際病院勤務を始めたときにはとても役に立ちました。


どんな資格取得方法が自分の生活スタイルに合っているかぜひ一度考慮してみることをお勧めします。

医療事務の講座を選ぶ際には、資料の一括請求サービスを利用するのが便利です。
通信講座各社の費用と、期間をじっくり見比べて自分に最適な講座を選択することができますよ。

資料の一括請求はもちろん無料です。

▶︎▶︎【無料】各社の医療事務の資料一括請求サービス


www.eupdates247.com

www.eupdates247.com